出演者紹介

IMG20211120101023_edited.jpg

郡谷 奈穂

【主な出演作品】
おちゃめインパクト「タナカ=Business person white.B=」(2020年2月)
つゆだく人情「午睡の夢」(2020年12月)
福岡学生演劇祭、第6回全国学生演劇祭「キャベツ」(2020年8月・2021年3月)
おちゃめインパクト「うたかたの呪い」(2021年7月)
78-spirit 「日常の記録、伸び縮みする天井 / 偽りのない町」(2021年10月)

 

おちゃめインパクト

~Gunya Naho~

物語の中を生きている1人の人間として、
ちゃんとこの子の想いを意識しようっていうのは、今回強くありますね。

■ キャラクターだねって本当によく言われるんですよ

IMG20211120104848_edited_edited.jpg

― 今回の稽古場の雰囲気はいかがですか?

郡谷:私、こんなに大人数というか、13人も出演する舞台って初めてなんですよ。

― そうなんですか。

郡谷:学校の行事とかは別ですけど、所属している「おちゃめインパクト」でも3人とか4人とか、少ないことが多くって。だから、単純にすごく楽しいです!

― いろんな人がいますもんね。

郡谷:私の役的に、全員がバーッと集まってみたいなことは、ないんですけど。やっぱりたくさん人がいるから、いろんな心の動きがあって。

― 今回、当てられた役についてはどんな感想を持っていますか?

郡谷:すごくやりがいがありますね。所属している「おちゃめインパクト」に出ている時とかは、キャラクターだねって本当によく言われるんですよ。

― マスコットキャラクターとかのキャラクター?

郡谷:そうですね。そういう所はいま自分が出せる部分だとは思っています。

― 今回、そういう素養がある上で人間くさくもある、ユニークな役ですもんね。

郡谷:ほわんとした主人公の妹?ぐらいのイメージでしかなかった所から、色がついていくというか。

■ 「変な子」にしちゃうと違うなって

― 役作りの面で意識する事は?

郡谷:やっぱりその…「変な子」にしちゃうと違うなって思ってるところがあって。表に現れる部分だけじゃなくて、ちゃんとこの子なりの想いとか、今までの生き方があったんだろうなって。

― 感情として、理解しがたい面もありますか。

郡谷:そうですね…この子のことを理解しようという気持ちはあるけど、行動に対してわかるなっていう点がほとんどないですよね、私個人的には。物語の中を生きている1人の人間として、ちゃんとこの子の想いを意識しようっていうのは、今回強くありますね。

IMG20211120105144_edited_edited.jpg

― 自分の理解が及ぶ感情から引き寄せていくわけですよね。

郡谷:例えば、私も好きなアイドルがテレビに出てたら、「ウワーッ!」て素直に盛り上がりますし、そういう所を広げて行ったりしますね。

―1つの行動にも、いろいろな感情の積み重ねがありますもんね。

郡谷:とびぬけた行動があったとしても、その前に不安とか自分の周りの人達のために頑張ろうっていう真剣な思いがあっての事なんだろうなって。

■ おぐんがやる母親役なら、観てみたいな!とか思われたい

IMG20211120101058_edited.jpg

― これからやってみたい役とかはありますか?

郡谷:今の自分からは飛躍してるかもしれないけど、母親役やってみたい…です!

― それはいいかもしれないですね。

郡谷:やっぱり子供が生まれると女性って、変化があると思うんで。せっかく今、女性として役者をやっているので、そういう役もやってみたいな〜って。すぐじゃないと思うんですけど、今後やってみたいなって思います。

― すぐオファーあるかもしれません。

郡谷:ハハハハハ(笑)

― そもそも、役者を始めたキッカケは?

郡谷:小学校の時に…じゃんけんで負けて、演劇部に入らされたってのが、初めといえば初めなんですけど。なにせ、小学校のクラブ活動みたいな感じなので、やる気があるかといったらそうではないじゃないですか。

― まぁそうですよね。

郡谷:本番で演技とは関係なく笑っちゃった子がいたんですよ。それを見て、スッゴイ悔しかったんですよ。そのとき、私は役者を続けようって思いました。

― 何年か後に表現活動を始めるわけですか?

郡谷:はい。高校で合唱部というかミュージカルと半分半分みたいな部活に入りました。そのあと大学に入って、表現する子が周りにすごく多かったんですよ。演劇だけじゃなくて、絵を描くのが好きとか、文章を書くのが好きとか、曲作るのが好きとか。

― 影響とか刺激を受け合う関係ができていったんですね。

郡谷:その中でいま所属している「おちゃめインパクト」は、出来ていくわけなんですけど。

― これからどんな俳優になっていきたいですか?

郡谷:そうですね…観てみたいって思われる人になりたい。例えば、それこそ母親役?おぐん(郡谷さんの愛称)がやる母親役なら、観てみたいな!とか。

― それは私も観たいです。

郡谷:自分が中心になって作品を創る時は、エンターテイメント性を大切にしたいんです。目で見て楽しんでもらえることを大事にしていますね。

― これからも積極的に外部活動をやっていく予定ですか?

郡谷:そうですね。演劇だけじゃなくて、色々やりたいです。落語は今もしてますけど。歌も好きなので、大学時代はしなかったミュージカルとかもしたいですね。